受験生の方へ在学生の方へ保護者の方へ卒業生の方へ地域の方へ社会人の方へ

 

トップページ >> 受験生の方へ>> 大学院>>博士後期課程

 

 

 教育方針・受入方針

   大学院看護学研究科の教育目的・目標と3つの方針<(1)アドミッション・ポリシー

        (入学者受入方針)、(2)カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)、

      3)ディプロマ・ポリシー(修了認定・学位授与に関する方針)>を示します。

 

 教育目的

  

     長野県看護大学大学院は、看護学に関する理論と実践を専門的かつ学際的に探究するとともに、

  看護の質の向上に貢献し得る創造性豊かな教育・研究能力と看護実践能力を持ち、専門職にふさ

  わしい倫理観を備えた人材を育成することを目的とする。

 

 

 博士後期課程の目標

   

      1. 看護学の発展に寄与する研究を独立して行う能力を養う。
    2. 国内外で学術的な交流をする能力を養う。
    3. 学際的な視野に立ち、研究活動および保健医療福祉活動に貢献する能力を養う。
    4. 専門性を基盤に、優れた人材を育成する教育能力を養う。

 

 

 博士後期課程のアドミッション・ポリシー

  

      . 基礎的な研究能力を有し、人々の健康の保持・増進および生活の質の向上に関連した

     研究に自立して取り組む人

    2. 専門分野で修得した高度な看護実践能力を国際的・学際的な視点から養い、理論的・実践

     的に発展させる人

    3. 高度な研究能力や看護実践能力を看護実践の質の向上や人材の育成に役立てられる人

 

 

 博士後期課程のカリキュラム・ポリシー

  

     博士後期課程では、看護学の発展に貢献する教育者・研究者を養成するために、以下のように

  カリキュラムを編成している。


   1. 学際的視野を広げるため、「共通選択科目」(4単位以上)を置いている。
   2. 領域別専門科目9分野において、専門的な研究能力と倫理観を養うため、特論(2単位)

    演習(4単位)を置いている。
   3. 博士論文の作成にあたっては、「博士論文の指導・審査の流れ」に基づき、倫理委員会の

    承認を得た後、博士論文作成に着手する手続きを課している。
   4. 博士論文審査の透明性と客観性を確保するために「学位規程に関する内規」を設け、これに

    基づいた指導と審査を行うことで論文の質保証に努めている。

 

 

 博士後期課程のディプロマ・ポリシー

  

     学際的な視野を持ち、看護学の発展に寄与する研究を独立して行う能力ならびに優れた人材を

  育成する教育能力を有し、課程修了の要件を見たした者に博士(看護学)の学位を授与する。

 

 

 

 

 

 博士後期課程 看護学専攻

  深い学識を培い、自立できる看護学研究者を育成します

  

  博士後期課程では、博士前期課程で修得した能力を基盤とし、看護学研究者として自立して研究

  活動を行い、またはその他の高度に専門的な業務に従事するために必要な高度の研究能力と、

  その基礎となる幅広く豊かな学識を養うことを目的としています。

  博士後期課程は、基礎看護学(基礎看護学、看護管理学)、発達看護学(母性・助産看護学、小児

  看護学、成人看護学)、広域看護学(老年看護学、精神看護学、地域・在宅看護学、里山・遠隔看護

  学)の3領域9分野からなっています。

  3年以上在学し、所定の科目の単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、学位論文の審査

  及び最終試験に合格すると、博士(看護学)の学位が得られます。

  3年間で博士号(看護学)の取得ができるように、正研究指導教員と副研究指導教員の指導のもと、

  12年次には研究計画書を作成し、データ収集・分析・考察を行い、論文を完成させます。研究の

  方向性を確認し、さまざまな視点から研究の示唆を得ることができます。

 

   これまで本学の審査に合格した博士論文は、学術雑誌に原著として掲載されているだけでなく、

    単行本として出版されるなど、学術的にも高い評価を得ています。

 

 

 

 

 

 

 

 充実のカリキュラム

 

 カリキュラムの特徴

  本学博士後期課程ディプロマ・ポリシーに基づき、各専門分野での学生の個別性に即した研究

  指導を基本に、高度な研究能力の育成を強化するとともに、指導者、管理者、教育者、研究者と

  して、国際的・学際的にリーダーシップを発揮できる資質・能力の向上を図るため、下記の3つの

   点を特徴としカリキュラムを構成しています。

 

  ・高度な研究能力育成のために、博士論文作成に向けて必要な理論的知識や研究 方法に関する

  知識を深く探求する科目

  ・専門分野を横断したより幅広い学際的視点で、自らの研究について精選、伝達できる能力を養う

  ための科目

  ・専門分野を横断したより幅広い学際的視点で、リーダーシップを発揮できる能力を養うための科目